リーフライトのご紹介

リーフライトは、太陽光発電システムにより街灯りを提案します。
商品デザインについてはソーラーパネルの設置方位によって、
形態的なバランスが破綻しない立ち姿、後ろ姿の美しさを追求します。

事業内容

ソーラー照明の製造販売
照度分布、デザイン提案、予算提案
意匠図、強度計算
アフターサービス、保守点検業務

※また、車道照明やトンネル照明、ナイター等の照明計画、電気設備設計も行います。

コンセプトはこちら

ブランド一覧

豊富な製品バリエーションで災害に強くスマートな街づくりをお手伝いします。

  • 防犯灯に迫る明るさ
    高効率ソーラーLEDポールライト「ストーク」
  • 無駄のないコンパクトデザイン
    サイン用ソーラーLEDブラケットライト「サイネージ」
  • 商用電源不要
    自己完結型ソーラーシステム灯
  • ソーラー照明灯に様々な機能を追加
    多彩なオプションパーツ
  • 太陽光発電により蓄積した電力を活用
    ソーラーユーティリティーシリーズ
  • ソーラーフットライトの標準形
    多用途ソーラーLEDフットライト「フック」
  • 停電しても消えない安心
    畜光表示サイン付き停電対応防犯灯

製品一覧はこちら

テクニカル技術資料

充放電システム計算について

ソーラーモジュールの出力(W)、電池の充電容量(Ah)は、全国各地の日射量データ(NEDO)の資料をもとに算出します。リーフライトの製品は、日射量が最も少ない冬場の過酷な条件で、かつ経年劣化による保守率も加味して充放電システム計算を行っています。
積雪が少なく、日射量が確保できる太平洋側の地域ではそのまま使用できますが、日本海側・北海道地区への設置をご検討の場合はご相談ください。

ソーラーライトの設置場所について

ソーラーライトの設置場所は、できるだけ日照条件の良い場所をお選びください。日照条件は、正午を含む3時間以上(1日当たり)の日照を目安にしてください。終日建物や樹木の影になるような場所では、充分な発電ができません。将来的に樹木が繁る可能性も考慮してください。夜間に他の照明などの強い光が当たる場所でも点灯しないことがありますのでご注意ください。
ソーラーモジュールが傾斜したタイプのソーラーライトの場合、日中の太陽光を充分に受けて効率よく発電するためには、灯具の向き(照らしたい向き)とは無関係に、ソーラーモジュールを南向きに設置する必要があります。

「無日照保証」について

ソーラーパネルで発電した電気エネルギーは、電池に蓄えられて夜間の照明に利用されます。悪天候で昼間の日射量が無くても夜に点灯できる様に、電池には数日間の使用量を余分に蓄えておきます。日射量が全くなく発電できない日が続いても、電池の蓄電によって点灯できる日数の事を<無日照保証>と言います。鉛電池は、7日~10日(残量50%以下で使用しないため)、リチウム電池は3日~5日(充電速度が速く95%まで深く使用出来る為)とされています。

製品保証について

保証期間は3年です。正常なご使用状態において、動作不良・点灯不良などの故障を生じた場合は、本体・電気部材を無償提供します。(付け替え費用は別途)

各製品資料はこちら

当社製品・代理店制度に関するご相談・ご質問は、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

Copyright (C) ソーラー照明灯・株式会社リーフライト All Rights Reserved.Designed by 株式会社チルチルミチル

すべての製品一覧

STALKシリーズ
スタンダード
ダブルカバー
シーズンライトチェンジ
スマート
コンパクト
和風
南国沿岸地域対応型
積雪地域対応型
ハイパワー
ハイブリッド
Solarシリーズ
Solar USB
ストーク Charge
ストーク Wi-Fi
ストーク Station
ストーク Camera
ストーク Plug
ストーク BU
ストーク BC
SIGNaGE
HOOK
SEPA・SYS
FaRaDaY Light
Option Parts